Archive for the ‘早漏の悩み’ Category

一般的に早漏の定義とされているセックスの時の挿入時間

日本人男性の半数以上が早漏で悩んでいると言われており、特に10代後半から20代後半にかけての男性が多いと言われていますが、これはセックスの経験が少ないことが主な原因と言われています。 また10代後半の男性は、マスターベーションと同じ感覚でセックスを行っており、マスターベーションを行うときに早く終わらせたいと思っていることで、セックスでも同じようなペース配分になってしまうからです。

こうした早漏は一般的に定義がされており、女性とのセックスで膣内にペニスを挿入してから射精するまでの時間で分けられています。 一般的な定義として言われている時間とは、挿入後に60秒以内で射精してしまうという定義ですが、中には2分や3分といったことも言われていますが、60秒以内が多く挙げられています。また早漏の男性でも膣内にペニスを挿入する前に射精してしまうことがありますが、これは時間とは関係なく早漏と定義付けられてしまいます。

パートナーの女性をセックスでオーガズムに導くためには、膣内にペニスを挿入してから短くても10分くらいは必要と言われていますが、早漏の男性にとってはかなり過酷なことと言えるでしょう。 しかし精神的なことを上手く利用すれば、射精をコントロールすることができますし、10分という挿入時間も決して無理ではありませんので、早漏の男性は精神的な訓練をしてみましょう。 パートナーとのセックスの最中では、精神的に性的興奮してしまうようなことを考えていると思われますが、この時に性的興奮しないようなことを頭の中で考えてください。

例えば身も凍るようなホラー映画を思い浮かべることや、全く何も考えない無の状態になるようなことが挙げられます。こうした事を考えていれば、性的興奮が薄れて快感を得にくくなりますし、気づいたら10分くらいは経っていることがありますので、早漏の男性は1度試してみてください。 だけど失礼な事なのでパートナーに分からないように行ってください。