Archive for 2月, 2014

包茎手術に失敗した際2度目を行うことは可能なのか?

包茎手術はデリケートな部分に手を入れますが、自分の希望通りに必ずしも上手くいくとは限りません。 全ての希望を取り入れようとしても技術的に不可能だったり、想像していたのと全く違う仕上がりになったりするケースも存在します。 そのようなケースに陥った場合、包茎手術のやり直しを求めるのはある意味人として当然ですよね。

しかし包茎手術は基本的に2度目を行うことは推奨されていません。 包茎手術は肉体的にも精神的にも大きな負担を掛け、場合によっては深刻な副作用をもたらす危険があります。 整形手術を何度もすると肉体に異常を来たすのと同じで包茎に何度も手を加えることで起こる影響は専門家でも予想が難しくなっています。 このため2度目の手術は推奨されていませんが、手術の申請事態は行うことができます。

何らかの異常があるなどやむを得ない理由で2度目の包茎手術を行う際は出来る限り信頼できる病院を選びましょう。 中にはわざと雑な仕上がりにして高額オプションを追加し、何度も治療費を巻き上げようとする悪質業者も存在するため気を付けましょう。出来るだけ知名度のある評判のクリニックでカウンセリングを受けましょう。その際は可能な限り複数で受ける事がポイントです。神奈川県の横浜以外、たとえば川崎などで包茎手術を検討されている人はこちらを参考にしてみてください。⇒包茎手術川崎.com

女性の目を気にして包茎手術に踏み切ろうとする人は多いと思われます。 性行為をする際に女性に笑われたら、それこそ一生もののトラウマ。 少しでも完璧にして見栄を張りたいというものが男心と言うものです。

しかし真性包茎やカントン包茎と言った病気を治すならともかく仮性包茎の整形手術を行っているのは日本と韓国くらいなのをご存知でしたか? 包茎手術は本来治療目的で行うべきもので整形目的で行うのは世界的に見ても余り良しとされていません。 実際に西洋では割礼と呼ばれる宗教的な風習で包皮を切る行為がありますが、現在では体に悪いとされ減少傾向にあります。

このような傾向にあるにも関わらず日本で包茎手術が積極的に行われているのは一種の広告戦略があります。 女性の目から見たら恥ずかしいもの、包茎は病気になりやすいもの、というイメージを植え付けることで手術を行おうとする人を増やそうとしているのが現状です。 実際に女性の目から仮性包茎は清潔にしたら余り気にしないと言う人が多くなっています。 また包茎は病気になる割合が多いと言う言葉も、仮性包茎の割合は6~7割でこの事から多いと言っているに過ぎません。一時の虚栄で一生を左右する包茎手術に踏み切らないようにしましょう。